おすすめの録画ソフトの保存形式・拡張子

おすすめの録画ソフトの動画、音声、静止画のファイルの拡張子(コンテナ)についてまとめています。

※コーデックの対応有無ではなく、保存(出力)時に選択できる拡張子についてまとめたものです。例えばBandicamはキャプチャー動画の保存時の音声としてMP3は選択できますが、音声だけのファイルを保存する場合にはWAVのみ対応しているので、MP3の欄はxとしています。

拡張子/ソフト名

Bandicam

Readygo Screen
Recorder

Fraps

oCam

Screenpresso

bandicam readygo fraps ocam screenpresso
動画
MP4 ×
AVI × ×
MKV × × × ×
M4V × × × ×
FLV × × × ×
TS × × × ×
VOB × × × ×
MOV × × × ×
OGV × × × ×
WebM × × × ×
WMV × × ×
アニメーションGIF × × ×
音声
MP3 × × × × ×
WAV × × ×
静止画
BMP
PNG
JPG
GIF × × ×
TGA × × × ×
TIF × × × ×

動画ならiPhoneやAndroid端末などでも再生でき、YouTubeなどへのアップロード時の扱いやすさを考えるとMP4の対応を最優先に見るべきでしょう。同じMP4でもどのコーデックを使って圧縮するかによって画質やファイルサイズに差が出てきますが、それはまた別の機会に紹介します。対応する動画の拡張子としては、動画編集ソフトなどでの扱いやすさやPCでの再生を考えた場合、AVIも重要です。
対応する拡張子が多ければ多いに越したことはないですが、MP4とAVIに対応していればほとんど困ることはないでしょう。

おすすめの動画キャプチャーソフトの中でも音声キャプチャーができるソフトは実は限られています。BandicamReadygo Screen Recorderの2つだけです。それ以外のソフトでキャプチャーする場合、動画としていったん保存したあと、音声だけ抜き出すという作業が別途必要になります。

静止画は、BMP、JPG、PNGはすべて対応しています。それ以外の拡張子で保存する場面はほとんどないと思いますが、Fraps、oCam、Screenpressoはマイナーな拡張子も対応しており、他のソフトとの差別化ポイントの一つとなっています。