Apowersoft PC画面録画ソフト

多くの拡張子に対応したデスクトップ画面録画ソフト

無料版ダウンロード

製品版購入

開発者:Apowersoft
価格:4690円(年間)、8390円(永久)
無料版あり:ウォーターマーク、キャプチャー時間の制限(3分)、付加機能の使用制限

Apowersoft PC画面録画ソフトの動作環境

OS : Windows Vista、7、8、8.1 、10(32bit/64bit)

Apowersoft PC画面録画ソフトの特徴

ApowersoftのPC画面録画ソフトには、PC上の動きをキャプチャーするデスクトップキャプチャーとスマホやWebカメラなどPCに接続した外部デバイスの画面をキャプチャーする外部デバイスキャプチャーの機能が備わっています。保存できるファイル形式は、WMV、AVI、MP4、MOV、MKV、FLV、MPEG、VOB、WEBMと多くの拡張子に対応しているので、再生や編集したいデバイスやソフト、動画のアップロード先など利用目的によって、効率の良いものを選択できます。 静止画キャプチャー、リアルタイム描画、画面を録画せずに録音だけする機能などの付加機能も搭載されており、デスクトップ画面のキャプチャーソフトとしてはかなり優秀なソフトと言えます。

Apowersoft PC画面録画ソフトの長所

  • WMV、AVI、MP4、MOV、MKV、FLV、MPEG、VOB、WEBMと多くの形式対応
  • パソコンの音声と同時にマイク音声もキャプチャー可能
  • スクショ(静止画キャプチャー)機能あり
  • デスクトップキャプチャー中に、リアルタイムでペンや蛍光ペンで書き込み可能
  • オーディオのみ録音する機能あり(サウンドレコーダーとしても使える)
  • YouTube、FTPへのアップロード機能あり

Apowersoft PC画面録画ソフトの短所

  • 無料版は3分までに制限される
  • 無料版は録画ファイルにロゴが表示される(かなり大きめ)
  • 無料版では操作や設定のたびに何度も製品購入画面が表示される
  • 日本語がやや不自然

(さらに…)

どんな動画でも録画できる?

Bandicamなどの動画録画ソフトを使って録画しようとすると、保存された動画を再生したときに真っ黒で音だけ再生されたり、録画を開始した時点でソフトが強制終了したりする場合があります。
これは、録画しようとしている対象が著作権保護されたコンテンツである場合、主にブルーレイやCPRMのDVDなどを再生中に起こり得る現象です。
一部のゲームでも動画キャプチャーの操作が制限されている場合があります。
このような場合は、別のPC録画ソフトを使っても同じ結果になります。

また、DAZN(ダ・ゾーン)のようにブラウザーで視聴する動画の場合、ブラウザー側で録画の動作が制限されている場合があります。ブラウザーを変更することで録画できる可能性があります。Google Chromeは試してみる価値がありそうです。
その他、セキュリティソフトがPC録画ソフトの動作を阻害している場合や、PCにインストールされている何らかのソフトウェアによってPC録画ソフトによるキャプチャーが制限されている場合は、これらのソフトを、タスクマネージャーで停止(終了)することにより、録画できるようになる場合があります。



Bandicam(バンディカム)

知名度No.1動画キャプチャー、ゲームキャプチャーソフト

無料ダウンロード
無料ダウンロード

製品版購入
製品版購入

開発者:Bandicam Company
価格:4,320円
無料版あり:ウォーターマーク、キャプチャー時間の制限(10分)など

Bandicamの動作環境

OS : 日本語版Windows XP、Vista、7/8/10 (64ビット対応)
CPU : Intel Pentium 4 2.0G以上, AMD Athlon XP 1500以上
メモリ : 512MB以上
ハードディスクドライブ: 空き1GB以上
ディスプレイの解像度: 800×600 16bit以上
インターネット接続環境
管理者権限のあるアカウントでのインストール、ユーザー認証
※実行は、管理者権限のないアカウントでも可能

Bandicamの特徴

Bandicam(バンディカム)は、PC上の動きをキャプチャーするデスクトップキャプチャーと、Direct X、OpenGL、Vulkanのグラフィック技術を利用したゲーム、ソフト、アプリの動きをキャプチャーするゲームキャプチャーとスマホやWebカメラなどPCに接続した外部デバイスの画面をキャプチャーする外部デバイスキャプチャーの機能がすべて備わっています。
保存できるファイル形式は、AVIとMP4で、どちらの拡張子で保存する場合も高画質のまま保存でき、ファイルサイズが大きくなりすぎないことが特徴です。
予約録画、静止画キャプチャー、Webカメラ映像の追加、リアルタイム描画など、付加機能も満載で、最も機能が充実しているおすすめナンバーワンソフトと言えます。

Bandicamの長所

  • インターフェースがシンプルで、録画やタイマーなどの基本操作は直観的に行えるので、PC初心者でも使いやすい。
  • AVIだけでなくMP4でも保存できるので、スマホ向けのエンコードが不要。
  • Webカメラ、テレビゲーム、iPhoneなどの外部デバイスもHDMIキャプチャーボード経由で接続すればキャプチャー可能。
  • Windowsストアアプリやゲームの動きもキャプチャーできる。
  • 低スペックPCでもカクカクしにくい。
  • 高画質でもファイルサイズが大きくならない。
  • 上級者向けの設定も多く、画質、音質、コーデックにとことんこだわることもできる。
  • デスクトップキャプチャー時には、リアルタイムでペンや蛍光ペンを使って書き込みができ、マニュアル作成が簡単にできる
  • Sony VegasやAdobe Premiereなどの動画編集ソフトとの互換性も保証されている。
  • プログラムが完全に日本語化されており、日本語でサポートが受けられる。
  • プログラムはグローバル展開されていて、世界的にも人気のソフトなので、新しいトレンドなどへの対応が速い。

Bandicamの主な機能を見る

Bandicamの短所

有料ソフトの中で、知名度も評判も良いソフトで、これと言った短所はありませんが、あえて言うなら、

  • MKV、WMV、VOB、TS、MOVで保存できない
  • デスクトップキャプチャー(画面録画モード)しか使わない人や、AVIで保存できれば良いという人など一部の機能しか使わない人にとっては、値段がやや高い。

無料版と製品版の違い

無料版 製品版
キャプチャー時間の制限 最大10分まで 時間制限なし (24時間以上キャプチャー可能)
ウォーターマークの強制表示解除 X O
ゲーム録画モード (MP4, AVI) O O
画面録画モード (MP4, AVI) O O
デバイス録画モード (MP4, AVI) O O
静止画のキャプチャー (JPG,BMP,PNG) O O
音声キャプチャー・録音 (PC+マイク) O O
YouTube、Vimeoへのアップロード連動 O O
フレームレート(FPS)の表示と管理 O O
予約キャプチャー、自動終了 (タイマー) O O

(さらに…)

ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータを簡単に録画する方法

MonsterX U3.0RMonsterX U3.0RBandicamを使うと、ミニファミコン本体ミニファミコンのゲームが簡単に録画できます。
ミニファミコン本体ミニファミコンMonsterX U3.0RMonsterX U3.0RHDMIケーブル1本HDMIケーブル1本が必要になります。

まず、MonsterX U3.0Rのドライバーのインストール、MonsterX U3.0R専用ソフトウェアのインストール、Bandicam最新版のインストールを行います。
それが終わったら、下記の手順通りに進めると、Bandicamでミニファミコンのゲームが簡単にキャプチャーできます。

1. ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータのHDMIケーブルの片方をMonsterX U3.0Rの[IN]に挿す。

2. もう1本のHDMIケーブルを、MonsterX U3.0Rの[OUT]に挿し、反対側をPCのHDMIポートに挿す。

3. PCのUSBポートにMonsterX U3.0RのUSBケーブルを挿し、MonsterX U3.0R本体に反対側を挿す。

4. ミニファミコンを起動する。

5. Bandicamを起動し、[デバイス録画モード]を選択する。
famicom-05

6. [設定]ボタン(歯車のアイコン)をクリックする。
famicom-06

7. [ビデオデバイス選択]画面に[MonsterX U3.0R Capture 0]と表示されたら、[フォーマット]を[1280×720,60.00fps,YUY2]に変更する。
famicom-07

8. [OK]を押す。
famicom-08

9. ミニファミコンの映像が表示されたら、[●REC] ボタンをクリック(またはF12キー押下)して録画を開始する。
famicom-09

10.ゲームが終わったら、[■]ボタンをクリック(またはF12キー押下)して録画を終了する。
famicom-10

Bandicamを無料で使うための裏技?!

Bandicamを無料で使うための裏技?!

Bandicam無料版では録画時間が10分に制限されています。10分で録画が終了してしまうために、長時間録画したい場合には複数のファイルに分かれてしまいます。
どうしてもお金を出して買いたくない場合、ウォーターマークは我慢するしかありませんが、複数に分かれてしまったファイルを無料で1つにまとめることは可能です。
Bandicamの姉妹ソフトのBandicutの複数ファイル結合機能を使用します。
Bandicutにも無料版と製品版がありますが、複数ファイル結合機能は無料版でも使えます。
(こちらも同じくロゴはついてしまいますが、我慢しましょう。)

対応コーデックで選ぶ

おすすめのPC録画ソフト、デスクトップキャプチャーソフトの動画ファイルの対応コーデックについてまとめています。

拡張子/ソフト名

Bandicam

Readygo Screen
Recorder

Fraps

oCam

Screenpresso

bandicam readygo fraps ocam screenpresso
MP4
H.264
MPEG-4 ×
H.264(GPU) × ×
HEVC/H.265 × × ×
AVI
H.264 ×
H.264(GPU) ×
Xvid ×
DivX × ×
MPEG-1 ×
MPEG-4 × ×
Motion JPEG × ×
YV12 × ×
RGB24 × ×

おすすめの録画ソフトの保存形式・拡張子

おすすめの録画ソフトの動画、音声、静止画のファイルの拡張子(コンテナ)についてまとめています。

※コーデックの対応有無ではなく、保存(出力)時に選択できる拡張子についてまとめたものです。例えばBandicamはキャプチャー動画の保存時の音声としてMP3は選択できますが、音声だけのファイルを保存する場合にはWAVのみ対応しているので、MP3の欄はxとしています。

拡張子/ソフト名

Bandicam

Readygo Screen
Recorder

Fraps

oCam

Screenpresso

bandicam readygo fraps ocam screenpresso
動画
MP4 ×
AVI × ×
MKV × × × ×
M4V × × × ×
FLV × × × ×
TS × × × ×
VOB × × × ×
MOV × × × ×
OGV × × × ×
WebM × × × ×
WMV × × ×
アニメーションGIF × × ×
音声
MP3 × × × × ×
WAV × × ×
静止画
BMP
PNG
JPG
GIF × × ×
TGA × × × ×
TIF × × × ×

動画ならiPhoneやAndroid端末などでも再生でき、YouTubeなどへのアップロード時の扱いやすさを考えるとMP4の対応を最優先に見るべきでしょう。同じMP4でもどのコーデックを使って圧縮するかによって画質やファイルサイズに差が出てきますが、それはまた別の機会に紹介します。対応する動画の拡張子としては、動画編集ソフトなどでの扱いやすさやPCでの再生を考えた場合、AVIも重要です。
対応する拡張子が多ければ多いに越したことはないですが、MP4とAVIに対応していればほとんど困ることはないでしょう。

おすすめの動画キャプチャーソフトの中でも音声キャプチャーができるソフトは実は限られています。BandicamReadygo Screen Recorderの2つだけです。それ以外のソフトでキャプチャーする場合、動画としていったん保存したあと、音声だけ抜き出すという作業が別途必要になります。

静止画は、BMP、JPG、PNGはすべて対応しています。それ以外の拡張子で保存する場面はほとんどないと思いますが、Fraps、oCam、Screenpressoはマイナーな拡張子も対応しており、他のソフトとの差別化ポイントの一つとなっています。

ハードウェアエンコードとは

ハードウェアエンコードとは、エンコード(動画データの圧縮)を、ソフトウェアではなく、ハードウェアによって行うことを言います。最近のCPUやグラフィックボードには、動画をエンコードする機能が搭載されているものが増えてきており、この機能を使ってエンコードすることでソフトウェアエンコードに比べ、CPUへの負荷をおさえ、高速でエンコードできます。GPGPUと呼ばれることもあります。

ハードウェアエンコードの種類

  • Intel(CPU): Intel Quick Sync Video
  • nVidia(グラフィックボード): CUDA/NVEnc
  • AMD(グラフィックボード): AMD APP

これらのハードウェアデバイスがPCに搭載されているだけではなく、グラフィック機能が有効になっていることが必要です。

ハードウェアエンコードに対応した動画録画・動画キャプチャーソフト

ハードウェアエンコードのメリット

  • CPUの負荷が軽減されるため、処理が速い。

ハードウェアエンコードのデメリット

  • 設定や使用が少し複雑。(対応環境であってもBiosレベルでの設定が必要な場合がある。)
  • 画質が劣る場合がある。

Readygo Screen Recorder

動画・静止画・音声の取り込みに対応した、簡単・高品質なキャプチャソフト

readygo_main

無料版ダウンロード

製品版購入

開発者:Readygo Soft
価格:Basic版2,700円、Pro版3,700円
無料版あり:ウォーターマーク、キャプチャー時間の制限(15分)、お知らせ領域の非表示・表示の選択不可

Readygo Screen Recorderの動作環境

OS : 日本語版Windows7、8、8.1 、10(32bit/64bit)
CPU : 1GHz以上のプロセッサー
メモリ : 1GB 以上
ハードディスクドライブ: 空き20MB 以上
インターネット接続環境 : インターネット認証(プログラム実行時)・ソフトウェアのアップデートに必要
※プログラム起動のたびにインターネット接続環境が必要。
※プロキシ接続のネットワーク環境下のPCでは利用不可。
インストール、実行は管理者権限のあるアカウントが必要。

Readygo Screen Recorderの特徴

わかりやすいインターフェースで、インストールしてすぐに、ワンクリックで動画・音声・静止画キャプチャーできます。予約録画にも対応しています。PC初心者向けのキャプチャーソフトです。
Direct XやOpenGLのグラフィック技術を利用したゲーム、ソフト、アプリの動きをキャプチャーするゲームキャプチャーはPro版で実装されていますが、まだ一部ゲームしか撮影できないようです。
お手頃価格で手軽に導入できますが、画質や音質にこだわる上級者の方や、ゲーム録画がメインの方には不向きだと言えます。

Readygo Screen Recorderの長所

  • インターフェースがシンプルで、録画やタイマーなどの基本操作は直観的に行えるので、PC初心者でも使いやすい
  • AVIだけでなくMP4でも保存できるので、スマホ向けのエンコードが不要
  • 動画をキャプチャーせずに音声だけ保存したい場合に、ワンクリックで録音が開始できる(WAVで保存)
  • 価格が安い。ゲーム録画をしない人はBasic版(2,700円)で十分使える
  • プログラムが完全に日本語化されている

Readygo Screen Recorderの主な機能を見る

Readygo Screen Recorderの短所

  • 録画の一時停止と再開ができない
  • 画質や音質が良くない
  • 動作がやや不安定
  • 付加機能が少ない
  • 上級者向けの設定が少ない

(さらに…)

oCam

デスクトップキャプチャー、ゲームキャプチャーに対応したソフト

ocam

ダウンロード

製品版購入

開発者:Ohsoft
価格:29.9USD
無料版あり:本体の広告表示、Internet Explorerでの広告表示(プログラムの終了時)

oCamの動作環境

OS : Windows XP、Vista、7、8、10 (64ビット対応)
CPU : Intel Pentium 4 2.5G以上
メモリ : 1GB以上
ハードディスクドライブ: –
ディスプレイの解像度: 1024×768 16bit以上

oCamの特徴

デスクトップキャプチャー、ゲームキャプチャーに対応した有料ソフトです。
無料版との違いは広告の表示だけなので、広告を気にしなければすべての機能を無料で使うことができます。(プログラムの終了時にも既定のブラウザーの設定に関係なくInternet Explorerが立ち上がり、広告が表示されます。)
プログラムは日本語化されていますが、機械翻訳のようなレベルなので、訳も含め完璧なインターフェースを求める方には不向きです。
一般的に動画キャプチャーソフトがAVIのみ、またはAVIとMP4に対応しているのに対し、oCamはMKV、FLV、WMV、MOV、TS、VOBでも保存できます。解像度の設定では8Kも選択できます。
付加機能としては、ウォーターマーク追加機能があり、マウスエフェクトも充実しています。予約録画機能や描画機能はありません。

oCamの長所

  • 無料版の制限が広告だけなので、気にしなければすべての機能を無料で使える
  • インターフェースがシンプルで基本操作は直観的に行えるので、PC初心者でも使いやすい。
  • AVI、MP4だけでなく、MKV、FLV、WMV、MOV、TS、VOB、アニメーションGIFでも保存できる
  • マウスエフェクトが充実している
  • Webカメラのキャプチャーもできる
  • 解像度は8Kにも対応している
  • 上級者向けの設定も多く、画質、音質、コーデックにとことんこだわることもできる。

oCamの短所

  • 日本語の翻訳がぎこちなく、わかりにくい部分がある
  • 動作が不安定
  • ホットキーを無効にできない
  • 予約録画機能がない(自動終了はある)

oCamのインストール

1. oCam公式サイトのダウンロードページにアクセスして[ダウンロード]ボタン、[実行]ボタンの順にクリックします。
oCamダウンロードページ:oCamダウンロード

2. [日本語]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
ocam_install_01

3. oCamセットアップウィザードが表示されたら[次へ]ボタンをクリックします。
ocam_install_02

4. 使用許諾契約書の内容を確認し、[次へ]を選択すると、インストールが始まります。
ocam_install_03
ocam_install_04
5. インストールが完了すると、自動で起動します。